空室検索

パイオランドホテル

ホテル利用規則

TOPホテル利用規則

パイオランドホテルでは、宿泊約款第10条に基づき、お客様が当ホテルに滞在中に快適かつ安全にお過ごしいただくことを 目的とした利用規則を下記の通り定めております。
万一この規則に対してご協力いただけなかった場合は、宿泊約款第7条第1項により、客室及び当ホテル内の諸設備等のご利用をお断りすることがあります。
また、お客様のご協力が得られなかった結果生じた事故については、当ホテルでは責任を負いかねますので、その旨ご了承くださいますようお願い申し上げます。

防災及び、防犯・セキュリティに関すること

当社は、当社の業務を円滑に行う為、お客様の氏名、住所、電話番号、Eメール、アドレス等の情報を取得・利用させて頂いております。
当社は、これらお客様の個人情報の適正な保護を重大な責務と認識し、この責務を果たす為に次の方針のもとで個人情報を取り扱います。

1.
客室入口ドアの裏側に掲示してある避難経路図及び、各階の非常口をご確認ください。
2.
当ホテルは、喫煙フロアの客室内を除いて全館禁煙となっております。喫煙禁止場所での喫煙及び、ベッド上など火災になりやすい場所での喫煙は絶対になさらないでください。
3.
ご滞在中お部屋から出られるときは、必ず施錠をご確認ください。
ご在室中やご就寝の際はドアチェーンをしっかりとおかけください。訪問者があった場合は必ずドアを開ける前にドアスコープで訪問者をご確認ください。
4.
客室内でお香、暖房用、炊事用などの器具及び、当ホテル貸出し品以外のプレス用アイロン、その他電化製品はご使用なさらないでください。
5.
バックヤード、機械室、リネン庫、従業員専用スペースなど、お客様用以外の施設に立ち入らないでください。
6.
泥酔、乱暴な言動等、他の宿泊者に迷惑を及ぼす恐れのある行為をなさらないでください。
7.
賭博、その他風紀を乱す行為はなさらないでください。
8.
ホテル内には他のお客様の迷惑になるものはお持ち込みなさらないでください。
特に犬、猫、小鳥などのペット類、発火または引火性のもの、悪臭を発生するもの、その他法で所持を禁じられているものをお持ち込みなさらないでください。
9.
ご訪問客と客室内でのご面会はご遠慮いただいております。ご面会はロビーをご利用ください。
当ホテルは、宿泊契約人数を超える客室利用は原則禁止しております。
申し出なく宿泊契約を超える人数での利用が発覚した場合は、その超過分を請求いたします。極めて悪質と判断された場合においては宿泊契約を即時解除します。
10.
客室階の廊下やフロント・ロビー等に靴やその他の所持品を放置なさらないでください。
11.
ホテル外から飲食物の出前をお取りにならないでください。
12.
客室は宿泊以外の目的でご使用なさらないでください。
13.
客室内の諸施設、諸備品などを許可なく移動なさらないでください。

お預かり品、お忘れ物等の取扱いに関すること

1.
ご滞在中において、現金及び貴重品の保管はフロントにてお預かり致します。
フロントにお預けにならなかった場合の現金及び貴重品の紛失、盗難につきましては、当ホテルは一切責任を負いかねますので、ご了承ください。
2.
当ホテルのお忘れも物の保管期間は3ヶ月間となっております。
お忘れ物の処置については、法に基づいて取り扱わせていただくか、もしくは当社所定の管理手順に従い処理することとします。

次に掲げる組織、個人については当ホテル内施設の利用をお断りいたします。

また、下記1~6については予約成立後、あるいはご利用中といえども、その事実が判明した場合においては、その時点以降、一切のご利用を固くお断り致します。

1.
暴力団、暴力団員、暴力団関係団体及び、その関係者。
2.
暴力団または、暴力団員が事業活動を支配する法人、その他の団体の関係者。
3.
反社会的団体、反社会的団体員及び、その関係者。
4.
暴力、傷害、脅迫、恐喝、威圧的不当要求及び、これに類する行為が認められた場合。
5.
心身耗弱、薬物等による自己喪失などご自身の安全確保が困難であり、他のお客様に危険や恐怖感、不安感を及ぼす恐れがある者。
6.
ホテル利用規則の違反について、当ホテルより口頭注意を受けたにもかかわらず、直ちにその行為を止めなかった者。

次に掲げる方については、当ホテル内施設の利用をお断りさせていただく場合がございます。

1.
未成年者のみの宿泊で、特に保護者の許可がない場合。
2.
著しく不潔な身体または服装により、他のお客様にご迷惑を及ぼす恐れが認められる場合。
3.
他のお客様に不安感をあたえたり、迷惑をお掛けしたりするような疾病をおもちの方。

その他の禁止事項及び、施設利用に関すること

1.
室内用ガウン、スリッパ等でロビーや食事会場及び、外出など客室階以外への移動などでのご使用はお控えください。
2.
当ホテルの館内で許可なく、他のお客様に広告物の配布や物品の販売などを絶対になさらないでください。
3.
当ホテルの館内外の諸施設、諸備品等の損傷、紛失については、その実費を申し受けます。
4.
客室ルームキーを紛失した場合は、ルームキー及び、シリンダー等の交換工事に要する費用の全額を申し受けます。
5.
当ホテルは、小切手等の金券や取り扱いのないクーポン券等でのお支払いは応じかねますのでご了承ください。
6.
お会計は原則として到着の際に全額前金でのお支払いをお願いしております。
その他のご精算については出発の際または、フロントからお勘定書の提示がありましたら、その都度お支払いをお願いします。
7.
宿泊日数変更(増泊・減泊)等の場合は、必ず事前にフロントへお申し出ください。
事前にお申し出のご連絡がなかった場合については、ご希望を承ることができない場合もございますので、あらかじめご了承ください。
8.
長期滞在中でお部屋の清掃が不必要な場合においても、客室内の定期換気とご使用状況の確認のため、原則として1週間に1度程度の客室清掃に入らせていただきますので、あらかじめご了承ください。
9.
当ホテルは、成年者と同部屋へ宿泊される未就学(幼児0歳~5歳以下)のお子様の宿泊及び朝食料金については頂戴しておりません。
ただし、部屋ごとに定める宿泊定員を超える未就学児の宿泊につきましては、原則として1ベットにつき、幼児1名までの添寝とさせていただきますので、ご了承ください。
  • 貸会議室 6F
  • 大宮経済新聞
  • TABLE FOR TWO
  • TABETE Me
  • 認定NPO法人カタリバ
  • さいたま市食品ロス削減プロジェクト「チームEat All」