空室検索

パイオランドホテル

盆栽

知る人ぞ知る、盆栽の聖地 埼玉県。
大宮の盆栽村は、世界の盆栽の中心地として
海外からも多くの愛好家が訪れています。

自然美と感性の凝縮~盆栽~

日本の伝統的な芸術である盆栽は、時間や空間、山水の景で表現します。その美しさは自然にある姿以上といわれています。
また、盆栽には四季の移り変わりに対する豊かな感性、自然の生命に対する心の現れや美的感覚が凝縮されており、見る人を魅了します。 現在では日本ならではの文化として「BONSAI」という国際語に定着しているくらい、盆栽は海外でも高い評価を受けています。

自然美の凝縮 盆栽

大宮盆栽の歴史

大正時代に大宮に盆栽村が誕生してから、
世界初の盆栽大会が開催されるなど、大宮と盆栽は深い関わりと歴史があります。

西暦出来事
1923年当時、市内旧土呂町の一部、草深い武蔵野の山林地帯であったここに数軒の盆栽業者が、東京から移り住み盆栽の育成にいそしむ。
1925年土地の愛好者を刺激し、次第に盆栽を業とする者が増加する。
大宮盆栽村を設立。
1970年大阪で開催された日本万国博覧会において、日本政府は盆栽水石展示を行った。
この時の展示は大宮盆栽村からの出品が最多数を占めた。
1989年「第1回世界盆栽大会」が埼玉県大宮市(現さいたま市)で開催。
大会は4日間にわたって開催され、デモンストレーションやワークショップなどに世界32ヵ国の盆栽愛好者約1,200名が参加して大成功を収めた。
2017年「第8回世界盆栽大会 inさいたま」がさいたま市で開催。
世界中の40を超える国と地域から、関連イベントを含め約12万人が訪れ、多くの来場者で賑わった。

世界盆栽大会 in さいたま

4年に一度開催されている大会で、 2017年4月にはさいたま市で「第8回世界盆栽大会 in さいたま」が開催されました。
1989年にさいたま市(旧大宮市)で第一回大会が開催されて以来、28年ぶりにさいたま市からまた新たなスタートを切り、
「盆栽、~次の100年へ~」をテーマに伝統の盆栽を受け継ぐとともに、世代を超えて愛される盆栽の可能性を世界に向けて発信しました。

世界盆栽大会 in さいたま

大宮盆栽村

大宮盆栽村は閑静で日本風情のある街並みです。
大宮盆栽美術館や盆栽園、「さくら」、「もみじ」、「かえで」、「しで」などの名前が付いた通りがあり、
毎年5月には大盆栽まつりが開かれ、世界から訪れる多くの盆栽愛好家で賑わいます。

  • 大宮盆栽美術館

    大宮盆栽美術館

    世界で初めての公立の「盆栽美術館」。日本屈指のコレクションの中から世界に誇る盆栽の名品を展示。企画展や講座も開催し、盆栽の魅力を国内外に発信しています。

  • 大宮盆栽村の盆栽園

    大宮盆栽村の盆栽園

    現在、盆栽町には5軒の盆栽園があり、それぞれ特色ある盆栽を手掛け、四季折々の樹影は見る人の心を楽しませてくれます。

  • 盆栽四季の家

    盆栽四季の家

    趣のある外観の盆栽四季の家は、盆栽園を訪れた人たちのくつろぎの場として利用されています。中には自由に利用できる休憩室などがあります。

盆栽×パイオランドホテル

当ホテルではフロント前に大宮盆栽を展示し、お客様をお出迎えしております。
盆栽を知らない方にもご興味を持っていただけるように、
フロントで大宮盆栽村のパンフレットも配布しておりますのでお気軽にお声がけください。

  • 貸会議室 6F
  • 大宮経済新聞
  • TABLE FOR TWO
  • TABETE Me
  • 認定NPO法人カタリバ
  • さいたま市食品ロス削減プロジェクト「チームEat All」