空室検索

パイオランドホテル

TOP新型コロナウイルス感染拡大防止に対する取り組みについて

新型コロナウイルス感染拡大防止のため
様々な対策を実施しております。

当パイオランドホテルにおいては、 新型コロナウイルス感染拡大の防止とクラスターを起こす
3密(密接・密集・密閉)の状況を作らない対策として、 飛沫感染と接触感染予防を考慮したソーシャルディスタンスを保った
接客営業の実践、客室・館内施設の換気・消毒作業の徹底、 お客様やスタッフの健康と安心安全の確保、新たな働き方に向けた努力など、
『彩の国「新しい生活様式」安心宣言』を遵守すべく、 パイオランドホテルとしての感染対策ガイドラインを定め、全力で実践して参ります。

当ホテルの取り組み

ソーシャルディスタンスの確保

  • ソーシャルディスタンス(2m)

    ホテルスタッフの接客時においてソーシャルディスタンス(2m)を保った対人距離を確保いたします。

  • 飛沫感染予防のための透明ビニールシートカーテンを設置

    チェックイン・カウンターでは、お客様とスタッフの間に飛沫感染予防のための透明ビニールシートカーテンを設置しております。

  • お客様がお食事や会議室などの会場をご利用する際のソーシャルディスタンス(2m)に配慮した座席配置の提案や短時間でのご利用を推奨しております。

接客時の接触感染予防

  • チェックイン・チェックアウト・フロント預かりなどの際のルームキー、金銭などの受け渡しは、お客様と直接接触しないようトレイやカウンター上での受け渡しを行っております。
  • タオルやリネン類の交換についても対面での受け渡しを極力行わないよう、ご用命を受けてからドア前にお届けしております。

客室・共用部の拭き上げ消毒

  • 客室・共用部の拭き上げ消毒1

    通常の客室清掃においては、消毒液(次亜塩素酸水)による拭き上げを徹底しております。

  • 客室・共用部の拭き上げ消毒2

    ホテル館内施設・共用部などにおいても、消毒液(次亜塩素酸水)による定期的な拭き上げを徹底しております。

  • 客室

    ドアノブ・客室備品類
  • フロントロビー

    ルームキー・ドアノブ(扉)・エレベーター内(押しボタン)
  • 食事会場

    食器・什器・備品・テーブル・調理器具・冷蔵庫・保管庫
  • 館内施設

    共用トイレ・階段手摺り・ランドリー室・自販機・製氷機・喫煙室

客室・共用部の換気の徹底

お客様の検温と健康状態の確認
  • 客室、館内施設・共用部などにおいて、窓を開けての十分な換気を徹底しております。
  • お食事や会議室などの会場のご利用後においても十分な換気時間を確保する運用を徹底しております。

従業員の予防対策の強化

  • 全従業員にマスクの着用と手洗いの徹底を義務づけております。
  • 出勤時の健康チェック(体温測定)を義務づけております。
  • 従業員に37.5℃以上の発熱がもし認められた場合は出社停止or当日業務停止として、医療機関の受診を義務づけます。
  • 通勤ラッシュを回避するための時差出勤の導入、新たなリモートツール(社内チャット・Web会議・電子決裁など)の新しい働き方の改革に努めます。

お客様へのお願い

消毒液による手消毒

  • お客様ご来館時・お戻り時・お食事の際には、フロント/ロビー/お食事会場に設置してある消毒液(次亜塩素酸水・ポンプ式)による手消毒にご協力をお願いいたします。

お客様の検温と健康状態の確認

お客様の検温と健康状態の確認
  • チェックインの際には、国内居住者・海外帰国者・医療従事者などに関わらず、全てのお客様に対して、健康チェックシートへのご記入とPCR検査実施(有無)の確認、非接触式体温計を用いた検温を実施しております。
  • お客様に発熱や咳などを伴うなどの症状が現れた場合は、最寄りの医療機関or新型コロナウイルス感染県民サポートセンターをご紹介しております。
  • 長期滞在者の方(1週間以上)については、複数の滞在者との同部屋使用による密の状況を長期にわたり作らないよう1名1室のご提供をお願いしております。
  • 当ホテルでは、ご利用中の全てのお客様や従業員の安全安心を最優先に考えております。「新型コロナウイルス」に感染している方(感染が強く疑われる方)のご宿泊については、お断りさせていただいております。
  • 当ホテル滞在中に感染が確認されたお客様に関しましても、速やかに退去していただき、自主隔離をお願いいたします。
  • 貸会議室 6F
  • 大宮経済新聞
  • TABLE FOR TWO
  • TABETE Me
  • 認定NPO法人カタリバ
  • さいたま市食品ロス削減プロジェクト「チームEat All」